失敗しない貸事務所の選び方【近場の情報を確認する事も大事】

賢いオフィスの使い方

空き部屋

初期投資を抑える

会社を設立したり、開業する時に賃貸オフィスを耳にします。賃貸オフィスは通常の事務所としてスペースを借りるのと少し違うのです。特に大きな違いはデスクやキャビネット、電話やFAXインターネットなどインフラ設備が最初から備わった事務所のことです。事務所を借りるならば、全ての設備が整うまで入居が出来ないのです。しかし賃貸オフィスは引っ越して来たその日から仕事が始められます。賃貸契約もオフィスを構える場合は一年などある程度の期間で借りますが、2,3ヶ月単位など短期で契約が出来ます。例えば業績が思わしくなく、コストを削減したい場合、賃貸契約期間が長いと途中解約したくても違約金が発生するなど問題が発生します。それに比べて賃貸オフィスならその心配もほとんどありません。業務拡大の場合も、わざわざ引っ越さなくてスペースを拡大するだけで済むことだってあり得るのです。また駅から近い物件でも賃貸オフィスなら低価格で借りれるので、会社としても信用度やイメージもアップします。来客がある場合も会議室が付いているオフィスを借りれば済みます。最新のインテリジェントビルならば受付もありますから、外からの客を迎えても安心です。中には会社として法人登記ができる賃貸オフィスもあります。正式に登録できれば法人として口座が開け、銀行からも融資が受けられやすくなります。さらに社会的信用も高くなることで今後のビジネス展開にも大きなメリットが出てきます。

Copyright© 2018 失敗しない貸事務所の選び方【近場の情報を確認する事も大事】 All Rights Reserved.